FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿崎商店

本日の札幌は雨だそうですが、お昼に近づいたところで某友人より
メール「次は蘭島、蘭島です」。その次は「ビンゴ!柿崎商店なう。
磯丼930円なり」。

磯丼

ということは、目の前は国道5号線ではないですか!

余市といえば、我がニッカウヰスキーの北海道工場が目の前。きっ
と今ごろは麦芽が砕かれて発酵する甘い香りと、ポットスティルで
蒸留するウィスキーのアルコールの香りが混ざった、蒸溜所特有の
香りがするのだろうなと思ったら、ゴールデンウィークにはウィス
キー工場の見学に出掛けたくなりました。

が、しかし、目の前は仕事の山になっておりますので、天使のわけ
まえを思い浮かべつつ、午後の業務に取り掛かりまする。

ちなみに、磯丼は北寄貝と帆立の刺身丼だそうです。

魚介類のお土産は大川町がおすすめだったりして。

感謝!
スポンサーサイト

高知城

城特集の最後は高知城。なぜ高知城なのか?と思われるでしょう!
それは、高知城には天守と御殿、大手門が揃って現存しているから
です。

日本の城郭建築は、世界に類のない唯一の文化なのですが、とかく
城というと建築物としての観点、歴史的(学問)としての観点、兵術
的な観点、芸術的な観点等々から語られることが多々あっても、そ
こに「生きた人間」が看て取れることが少ないと感じていました。

この点、高知城は多くの遺構が現存しており、最後の防衛拠点とし
ての天守、日常の生活と政務の場所である御殿、城と外部の境界を
示す門と、城を中心として城に関わる人の動きや世界を現世に伝え
ているのが唯一ここだけです。

これまで見てきた現存城郭も、天守が立派だったり御殿が立派だっ
たりして、各方面の資料でも夫々の視点から語られていましたけれ
ども、そこにいてその時代の景色が世界そのものになっているから
こその文化的価値があるのではないかと思っています。

また最後にした理由のもうひとつは、私がまだ訪れたことがないこ
とで、高知県は足を踏み入れたことはあるものの、高知市内は未だ
ご縁がなく、いつか訪れてみたい土地の上位にランクインしていま
す。どなたか講演か何かの仕事で呼んでください(笑)。

高知城

感謝!

二条城

現代の城に対する認識は意外とあいまいのようで、当時の天守が
現存していると現存する城と認識されますが、御殿が残っていて
も現存する城という認識が低くなるようです。

しかしながら、誰もが忘れず知っていて世界遺産でもあるのが、
京都は二条城。

二条城

教科書でおなじみのこの建物は二の丸御殿で、うぐいす張りの
廊下や狩野派一門の襖絵など、安土桃山時代を現代に伝える超
一級の文化遺産です。

ここは築城当時の遺構がほぼそのまま残っていますから、二条
城だって現存する城の仲間に入れてあげたいところです。

城として見られないもう一つの観点として、やはり城本来の役
割からすると、二条城は築城当初からもはや戦国武将の基地と
しての役割がほとんどなかったことからしても、豪勢な武家の
館という認識を言語化しないまでも皆が持ち合わせていたかも
しれませんね。

二条城

二条城を訪れていつも思うのは、御殿のなかはこんなに薄暗い
のかということで、廊下から眺める襖絵がよく分かりません。
障子の代わりに設けられている保護ガラスの曇りも、それに拍
車をかけます。

いつも混雑しているので難しそうですが、いつか心ゆくまでゆっ
くりと眺める機会を持ちたいと思っています。

二条城

感謝!

姫路城

黒漆が攻めの美学なら、漆喰は守りの美学でしょう。そもそもは
耐火のための仕上げ方法だったものが、世間様は美しさの点のみ
に着目して白鷺に例えました。姫路城です。

姫路城

姫路城は、その巨大な遺構が現代にも数多く残っていて、築城が
江戸時代にかかっていることなどからしても、城郭の完成度の高
さは現存天守のなかでは一番ではないでしょうか。世界遺産登録
も当然のようです。

城郭建築として最新であり、譜代大名の城ということもあって規
模も大きく、建築物のゴシック度合いも最高だと思います。天守
直下ではミラノのドゥオモを思い起こさせます。

姫路城 ミラノ・ドゥオモ

規模の大きさといえば天守の広さも最大級で、6間×4間半もあ
り広々としています。またよく採光もできていて明るく、現代人
がイメージする城の雰囲気に最も近いのも、天守のシンボルとし
て最適でしょう。

姫路城

姫路城は、今月から4年掛けて大規模な補修工事を行うそうで、
4年後には眩いばかりの白亜の天守が姿をみせる予定とのことで
すので、楽しみに待ちたいと思います。

感謝!

松本城

彦根城が破風と黒漆の美がハイライトなら、黒漆といえば松本城
でしょう。

松本城

本丸からみる天守は、内堀にかかる朱塗りの橋と相俟って、均整
のとれた調和と建築物としての調和が魅力的。冬の降雪の後には
一層凛とした空気のなかに立つ力強さが、ご当地の方の誇りであっ
たことは想像に難くありません。

破風による意匠のアピールよりも、漆喰と下見板張りの黒とのコ
ントラストが城本来の役割を認識させ、その無骨さがあくまで基
地としての本質を浮き上がらせます。

松本城

松本城で素晴らしいのは、国宝だからということもあろうかと思
いますが、漆喰と黒漆の補修が定期的に行われていて、常にその
イメージと実態が一致していること。いつ出掛けても綺麗だなと
思わせてくれるのは有難いことです。

写真等の印象と若干異なるのは、天守がイメージよりも二回りく
らい小さいことで、天守に上ると思いのほか明るく、破風からの
採光もよく届いて何もかもに手が届く感覚があります。

松本城

城本来の役割と人が作って観る文化的な側面のバランスとして、
松本城が一番よいのではないかと思っています。

感謝!


彦根城

城と城下町の調和では、彦根城も特筆に値すると思います。一番
いいと思うのは、東海道線の電車のなかからチラ見するのが最高
ですが、あいにく写真がありません(笑)。

松山城の天守からみる水面が瀬戸内海なら、彦根城の天守から見
る水面は天下の琵琶湖。安土山、佐和山、彦根山などの頂上のさ
らに天守から眺める湖は、当時の武将の誉れだったのではないか
と思います。

彦根城といえば、やはり四方に凝縮するように設けられた破風の
バリエーションと美しさが特徴で、気品の高さのようなものは江
戸時代に入ってからの築城が理由なのでしょうか。

彦根城

彦根城

天守正面は、立ち木が多くどうしても天守単体での写真が撮れま
せんでした。

そんな前線基地の役割が希薄だからか、彦根城の天守は本質的な
機能よりも建築意匠上の特徴を語られることが多いと思いますけ
れども、本丸に上がる前の天秤櫓には見事な掛橋が架かっていて、
篭城戦の場合には橋を落とすことができる機能的な設計が、これ
また時代背景と戦の形態変化を伺わせます。

彦根城

当地を訪れると、城主亡き後久しくも今だ城とともに生きる彦根
の皆さまの誇りに触れることができ、充実した時間を過ごすこと
ができて良い訪問となること請け合いです。

そういえば、駅前の定食屋さんで食したぶぶ菜漬が懐かしいなあ。

感謝!

松山城

神輿を取り上げるのは、その造形的に美しさを感じるからなので
すけれども、それは何かといえば伝統的軸組み工法のゴシックだ
からだろうと思っています。

私は建築についてズブの素人ですので、専門的な知識はまったく
持ち合わせておりませんが、例えば現代では一般的なモノコック
構造にいくら力学的なメリットが多いとはいえ、そこはやはり
「いかにも人が作りました」と言わんばかりのゴシックの方に魅
了されます。

これは洋の東西を問わず、例えば前方後円墳より五重塔、ピラミッ
ドよりサンピエトロ大聖堂に強い興味を持ちます。

という流れと自問しながら大好きなのが城郭建築。おそらく寺社
建築のうちの一部が異常発達した形態なのだろうと思いますけれ
ど、以前はシャチホコが一番だったのがそのうち破風になり、石
垣になり、今では全景にその関心が移ってる始末です。

その全景で一番ではないかと思うのが、四国は松山城。

松山城

市街の大手町より見上げるお城は、我が郷土どころか日本人の誇
りではないかと思うほど、城と街が一体となった調和が世界遺産
級の美しさで、ローマの市街地が世界遺産なら松山だって世界遺
産に登録できるのではないかと思うほどです。

松山城

松山城に登れば、またまた見事な石垣が昔は敵を今は観光客を出
迎え、天守はこちらと手招きしながら、じつは後方に進まないと
本丸に上がれない巧妙な作りで見事に一本とられます。

築城当時は5層だったと言われる天守に上ると、松山を一望でき
るお殿様の気分。遠くには琵琶湖を思わせる瀬戸内海が望め、こ
んな極楽な土地は自分だけの楽しみに極秘にしておこうと思わず
にはいられないでしょう。

松山城

松山といえば、市役所近くのトラットリア・ヴィオラにまた行き
たいなぁと思います。

感謝!

あやうく雪神輿

先週末は、我がお宮さんでの五穀豊穣を祈願する例大祭でございま
したが、先週はジェット気流の影響だそうでお天道様のご機嫌がな
かなか難しく、季節外れの雪の予報でした。

金曜の就寝時は叩きつけるようなどしゃ降りで、土曜の朝も雪こそ
降らなかったものの雨が強く、祭りの準備仕事に出掛けるときには
ずぶ濡れを覚悟して出たものです。

しかしながら、お蔭さまで仕事に着手して30分ほど経った頃には
雨が上がり始め、台風一過のような晴天が広がりました。

これで八幡様の神輿も胸を張って周ることができるというものです。

4月の3週目というのは、以前ほどではなくなったものの、数年に
一度は雨が降り、何かに神様が嫉妬をしたんだと言われたものでし
たが、今年は数年ぶりにそれを見せてもらったような気がします。

神輿
▲金曜夜の仕度のときに

感謝!

蓬莱橋

駿河は島田・大井川に架かる世界一の橋が蓬莱橋です。

蓬莱橋

江戸時代には「越すに越されぬ大井川」という言葉があったくらい
ですから、もちろん橋がかかることはなく渡しだった訳ですが、明
治の時代に下って架けられた橋が世界一の名誉ということになって
世界に名を轟かせることになるとは、当時の皆さまの誇りも天下の
剱を越えたかもしれません(笑)。

蓬莱橋

さてその「世界一の長さを誇る木造歩道橋」ですが、現在の橋の橋脚
はPC製になっていて欄干部分が木製。全長897.4mですが、
ちょうど中央部分には「ど真ん中」という表示があって可笑しい
です(笑)。

この橋は有料で大人は100円の通行料金がかかりますが、きっぷ
売り場側は島田市街地なので、住宅や商店どころか巨大ショッピン
グセンターまであるものの、対岸はまったく開発されておらず橋を
渡り始めるときから時計の針が巻き戻されたように江戸時代の風情
です。

柔らかい日差しの時には、さしずめ水戸黄門の気分。どこかへ旅に
出たくなります(笑)

蓬莱橋


感謝!

ザ・マスター・キーの第2クール終了

知る人ぞ知る自己啓発書籍の古典「ザ・マスター・キー」の第2回
目が終了しました。


ザ・マスター・キー

「地上最強の商人」と「ザ・マスター・キー」を2回ずつ読んで思
うことは、巷で流行りの自己啓発系の情報はセミナーや教材等も全
て含めてこれ一冊でよいのではないかということです。

ただし、いくら周囲が良い良いと勧めても、本のなかに「この本は
毎日繰り返し~」と書かれていても、その通りに実行するかどうか
は本人の意識次第ということと、これらの分野で言われている言わ
ば奥義のようなものは、継続しなければ発見できないということで
す。

そういう意味で、この分野の初心者の方がよく求めがちな答えの一
言というのは「継続は力なり」ということではないでしょうか。

逆説的ですが、だからこそこの手のセミナーや教材が高額なのは、
「高いお金を払わせることで意識レベルを高め、長期の記憶に留め
させる、または努力を継続させることで」効果を導き出せるような
仕組みにしている、この一点だけだと思います。

従って、もしこういった分野に関心を持ったとき、何を見るか見つ
けるかの答えが、その方の現状を表しているといえますし、反対に
まずこの書籍を選んだ方がいたとしたら、もう何の問題もなく確認
のために読んでそのまま進めばよいのでしょう。誰もがそれらのど
こかにいるということです。

このザ・マスター・キーは僅か1,470円ですが、その先というのも
またあると考えておりまして、その先は更に安価に手に入ることも
分かっています。

その先に進むには、もう少し完全にしてからと今日から第3クール
にしました。

感謝!

L'amore

4月1日のブログにコメントを下さった皆さま、どうもありがとう
ございます。読むだけの方や一瞥する方が圧倒的多数なのにも拘ら
ず、コメントを残すということは勇気ある行動だと思います。改め
て敬意を表します。

ちなみに大法螺は吹いてみるもので、滝川クリステルさんを紹介し
てやるよ、と電話が掛かってきました(笑)。

昨今は締め切りに追われて忙しくしておりまして、昨夜も10時過
ぎまであれやこれやの作業をしていましたら、テレビ東京で”ちょ
い悪オヤジ”ことジローラモさんの特集が放送されていて、興味深
く拝見しました。

ジローさんは、いまや日本中で知らない人はいないくらいの有名人
になられましたけれども、一頭最初に見たのはNHKのイタリア語
会話の番組です。

その当時は、陽気なイタリア人を演じながら「どこか何かを日本人
に伝えたいが、上手く表現できないもどかしさ」のようなものをブ
ラウン管を通じて感じていたのですけれども、現在はその伝えたい
ものを言葉で表現できるようになられたところや、今現在の考えな
どを力まずにお話されているのが印象的で、雑誌で「オヤジ」と気
取るような所の正反対の場所にいられる、もちろん良い意味での色っ
ぽい中年イタリア男の風情が画面に映っていました。

週末の夜にそういう中身のあるものをみせて貰うと、月曜日も赤く
なるものです。

さて世の中はそのようなもので、一方では「世界は、男と女と愛で
できている」という映画が上映中。


NINE

二コール・キッドマンやペネロペ・クルスといったところのセクシー
な下着姿のプロモーションが大々的に展開されていますが、こういう
ゴージャスでワイルドなパーティものは大好きで、「明日なんて無い
つもりで今日を生きろ」というのがメッセージです。

あと20年経ったら、主演のダニエル・デイ=ルイスを超えた男にな
るなんていうのは、あながち冗談ではなかったりして。

感謝!

女性関係

滝川クリステルさんと結婚したいです♪

christel.jpg

だれか紹介してください。

感謝!
プロフィール

mackinomata

Author:mackinomata
いつも各方面からウェブを見たとご連絡を頂戴しておりますが、

ネット上には様々な切り口で情報をアップしていますので、どれ

について仰っているのか分からなくなることがよくあります。



そこで、情報整理のためにサイト一覧を作って、ご案内申し上げ


ます。



公式サイト



公式ブログ



公式メルマガ



講演




行政書士 新日本総合事務所



医療法人設立M&Aセンター



KSF株式会社設立 -

現役MBA講師&行政書士が教える儲かる会社を設立する方法




一般社団法人設立(課税型)支援センター



非営利(非課税)型一般社団法人設立支援センター



クイックパスポート申請代行センター



古物商許可申請書作成代行センター



軽貨物自動車運送業経営届出センター



軽貨物自動車運送会社設立支援センター



回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター



中古自動車販売会社設立開業センター



利用運送事業登録申請書作成センター



利用運送会社設立支援センター



一級建築士事務所登録申請書作成センター



二級建築士事務所登録申請書作成センター



人材紹介会社設立支援センター



人材紹介事業許可申請支援センター



人材派遣会社設立支援センター



人材派遣業許可申請支援センター



特定人材派遣会社設立支援センター



特定人材派遣業届出申請支援センター



ビジネスLIVE







以下、SNSやブログ

Google+



facebook




LinkedIn



mixi



世界一周



世界遺産



ワールド



クルマ




Formula 1



食べもの



ラーメン



コーヒー



モルトウィスキー



シネマ




音楽



ファッション



鉄道



IT



その他



総合バックアップ



総合バックアップ2








ぜひお見知り置きを!どうぞよろしくお願いします!


#守秘義務を伴う仕事のため、日記には仕事のことをあまり書かないようにしています。仕事面でご興味のある方は、個別にご連絡ください。感謝!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。