スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

次は、いよいよ金メダルだね!あと1つ!!

何かを守る必要はないから、思い切ってチャレンジすればいける!
いける!!

・・・早くテレビで映像をみたい!という夕方です(笑)。

そうそう、今日はいつもお世話になっているコンサルタントのS
先生とお電話でおしゃべりをしたら、なんと、3月7日夜のフジ
TV「エチカの鏡」に出演されることが決定!

みんな観てね。

感謝!

スポンサーサイト

チャレンジ25+α

環境省のCo2 25%削減キャンペーン「チャレンジ25」がス
タートし、私と私の事務所もエントリーしました。

※チャレンジ25キャンペーンサイト
http://www.challenge25.go.jp/

昨年12月の国連気候変動枠組み条約(COP15)に向けた、日
本のCo2削減目標が1990年比25%という数値が基準であ
ることは、皆さまもご存知のとおりです。

一般的な報道の範囲で知るのみなのですが、この1990年比で
25%減という目標は、90年以降Co2の排出量が増加してい
ることを踏まえると、現在の排出量を44%程度減らさなければ
ならないことになるそうです。

大雑把に感覚的に捉えると、現在の排出量を半分にしなければな
らないことになりますので、そうとう高いハードルということに
なります。

自動車でいえば、現在の2倍の燃費性能のモデルでなければ、今
までと同じ距離乗ってはいけないということです。

この基準値を受けて、経済成長に必要以上のブレーキを掛けるの
ではないかという意見があります。

先週金曜日の日本経済新聞では、環境大臣に対するインタビュー
記事が掲載されましたが、この意見に対しCo2削減を優先する
趣旨の回答がなされていました。

私たちの生活活動は地球の環境に依存していますので、これはこ
れで正論なのですが、日本という国を考えると「経済を無視して
とにかく環境」というのは拙く、「環境と経済のバランスをとる
べく努力することが正しい方向だ」ということが適切なのではな
いでしょうか。

勿論、揚げ足を取るような意見を申し上げたくはないのですけれ
ども、一連のエコの動きをみていると少々視野狭窄なのではない
かなと考えているからです。

地球を温暖化促進するという温室効果ガスというのは、Co2だ
けではありません。

私たちが「おなら」で出すメタンガスは、Co2の21倍の温暖
化効果があります。この21などの数値を温暖化係数といいます。

Co2の削減が代表的なテーマになっているのは、排出されてい
る量(ボリューム)が一番大きいからです。

すると、Co2の削減は非常に重要ですが、少しのCo2を減ら
すために重箱の隅をつつくようなことで多大なコストがかかるの
ならば、温暖化係数の大きなガスを容易に削減できる仕組みがも
し出来たら、本来の温暖化防止の目的により効果的で適合しやす
いといえます。

現在は、COP15が「合意に留意する」といった消極的内容に
留まったことなどから、Co2の削減が叫ばれていますけれども、
その次のステップとしてあらゆる温室効果ガスの削減が浮上して
くるでしょう。

技術確立の見通しが立つ段階で、COP16か17か分かりませ
んけれども、削減対象の温室効果ガスにメタンその他のガスも数
値化するよう、日本がルールを変えていくイニシアチブをとれば、
競争の激しい貿易で疲弊したり国内消費向上のために国の借金を
増やすような施策をせずに済みます。

そういった将来を視野に入れて、温暖化係数に応じた「総合的な
温暖化防止」を仕組み化することで、日本の新しい成長分野とし
て世界各国に輸出・利用してもらうことによる経済成長が可能と
なります。

イギリスのロンドンではCo2排出権の取引がなされていますが、
他の温暖化ガスの排出権取引をいち早くスタートするような俊敏
さが求められているのではないかと考えました。


※この記事は、メルマガ記事の加筆・修正版であり、ビジ
ネスに関する情報はメルマガを優先して公開しています。
いち早く最新情報をお読みになりたい方は、まぐまぐから
無料でメルマガ登録できます。

感謝!

100のキーワードで学ぶコーチング講座

いつも懇意にさせていただいている、コーチングバンクの原口
社長が新刊を出版されました。


100のキーワードで学ぶコーチング講座

原口社長は、頭脳明晰のうえお話も上手で、さらに行動力もある
という、誰もが羨む才能の持ち主なのですが、今回は390ペー
ジもの大著を出版なさって、その偉大さに驚くばかりです。

書籍の内容は、近年耳にすることが多くなってきたコーチングの
分野の「コーチング概論大全」のようなものですが、この書籍の
本質はコーチングの分野の領域を広める潜在的な力を持つところ
にあります。

「人間の抱える問題の9割はコミュニケーションだ」と看破した
のは、「成功の9ステップ」で有名なジェームス・スキナー氏で
したけれども、


成功の9ステップ

一方で、残る10%は人間の内面にある問題ですから、この10
%の問題が解決されない限り残りの90%の問題が続いてしまう
のが「人生の悩みの悩み」です。

この10%に取組むには、学に取組む以外の方法はありませんか
ら、日本人には儒学系の中国古典が馴染みやすいでしょう。改め
て「論語」をお読みになることをおすすめします。


論語講義新版

さて、残るコミュニケーションの領域を改善したいとき、あら
ゆる分野で通用する魔法のスキルというのはなく(そもそもそれ
は10%の分野の担当)、人が社会生活を営む上で遭遇する場面
毎に「フレームワーク」を持っていることが、改善と行動と達
成の第一歩となります。

この第一歩を知りたいための書籍こそが、この「100のキーワー
ドで学ぶコーチング講座」です。

各キーワード毎の解説は、あえて短めとなっており更により知
りたい場合には、引用されている書籍を読むことで具体的解決
に結びつける意欲的な編集がなされています。

裏返して言えば、巻末に付け加えられている「コーチとしての
生き方を深めるための100冊」として挙げられている、参考
文献のエッセンスを1冊に纏めた書籍ともいえます。

このあたりの冒険的な試みや編集のセンスこそが、原口社長の
懐の深さであり、人気のある証拠でしょう。

願わくば、現代人の社会生活上の問題点を解決する名著として
末永くバイブルになって欲しい一冊です。


さて、お友だちの後藤克也さんも処女作となる新刊を出版され
ました。その名も『「YES」と会社に宣言したら欲しかった人
生がおとずれた!』というもの


「Yes」と会社に宣言したら、欲しかった人生がおとずれた!

後藤さんは、会社にお勤めの所謂サラリーマンで、日々ごくごく
平凡な毎日だったそうですが、退屈な人生を選択するのではなく
何事にも前向きに生きたいと夢や理想を紙に書き出してみたら、
やれる機会が多いことに気付き、会社で新規事業の案件の話が持
ち上がった際に手を挙げて成功させた人物。

書籍では、当初の平凡な毎日から現在までのプロセスが、ご自身
の内面とともに書かれていて、閉塞感を感じているサラリーマン
の方には元気の出ること請け合いの良い書籍です。

今年の春から、なにか新しいことに取組みたいと漠然とお考えの
方には是非ともおすすめです。

感謝!

知仁勇

子曰、"君子道者三、我元能焉:仁者不恍、知者不惑、勇者不惧。"
子貢曰、"夫子自道也。"

子曰く、君子の道なる者三つ。我能くすること無し。仁者は憂えず、
知者は惑わず、勇者は懼れず。子貢曰く、夫子自ら道うなり。

※先日このブログでお知らせしました、あつぎ異業種交流会の特別
講演会「石川元則氏『生き残る企業の法則』」は、お蔭さまで成功
裏に終了いたしました。ありがとうございました。


感謝!

Japanist

ニッポンに、詳しくなろう。

Japanist

「一点の曇りもない、志高き雑誌が、ひとつくらいあってもいい
じゃないか。」という、誇りある日本人のための志誌。

私も、生意気にもときどき外国に出掛けることが増えてきました。

外国に出掛けていって痛感するのは、日本のことを説明して初め
て真の交流ができるということです。

そこで語られるべきは、日本のスペックではなく、「オレたちは
こういう風に考えてこうしている」と説明すること。

例えば「籾殻を糠床にして漬物を作ると、ご飯のおかずにもなる
し、生きた細菌が腸までとどくから健康にもいい」というような
ことを話すと、外国人もうんうん頷いて聞いてくれます。

いや、これを外国語で話すのは滅法難しいのですが(笑)

しかし、すると、「ぜひ、今度日本に行くから食べたい」とか
「日本に行ったら、オマエ食わせてくれるか?」という話になっ
て盛り上がります。

要するに、日本人はもっと外に出掛けていって、自分達が何者か
話さなければいけない、ということです。

「日本人は、島国の民族だから日本のことしか知らない。」
「日本人は、スペック教育を受けて育つから、自分の言葉で話す
ことを知らない。」

この長年の習慣の殻を破らないと苦しくなる時代に突入している
ように思います。

今回のジャパニストは、

・「ないものねだり」から「あるもの探し」
・長い歴史は、日本人の財産
・跳躍する絵画に流れる日本人の血脈
・努力するということ

といった、日本人の習慣の殻を破る最初の一歩が記されています。

こんな志高き雑誌が、ひとつくらいあってもいいじゃないかと
思います。

感謝!

イナシクッバ

おいらはドラマー やくざなドラマー
おいらが怒れば 嵐を呼ぶぜ
喧嘩代わりにドラムを叩きゃ
恋のウサも吹っ飛ぶぜ

(嵐を呼ぶ男/作詞:井上梅次、作曲:大森盛太郎)

「オッス!
初めまして、イシモトです。
この本、『遊裕動脈』の扉を開いていただき、ありがとう!

袖触れ合うも他生の縁、という諺があります。
あなたがこの本を手にしてのも何かの縁でしょう。
不思議なことです。
あなたの感性に触れたのでしょうね。
私は心から喜んでいます。
この瞬間、「出会いの創造」が始まったのです。
さあ、ページをめくって、進んでください。
いつの頃からか、「遊裕動脈」。
なんとはなしに「遊裕動脈」。

遊裕ゆうゆうどうみゃく動脈
ブツブツつぶやいて遊裕動脈

話して遊裕動脈
念じて遊裕動脈
動いて遊裕動脈

ふと気づいた時
人脈 時間脈 情報脈
根ット輪ーク脈が流れていた
我が人生の大きな流れにぶつかっていたのだ
ああ感謝感激の遊裕動脈

遊 遊びの中に仕事がある 仕事の中に遊びがある
裕 裕りある心持ち 余裕ある時間使い フトコロにも裕りを
動 行動はスピーディーに 動作はビューティフルに
脈 人脈 時脈 情報脈」

遊裕動脈

感謝!
プロフィール

mackinomata

Author:mackinomata
いつも各方面からウェブを見たとご連絡を頂戴しておりますが、

ネット上には様々な切り口で情報をアップしていますので、どれ

について仰っているのか分からなくなることがよくあります。



そこで、情報整理のためにサイト一覧を作って、ご案内申し上げ


ます。



公式サイト



公式ブログ



公式メルマガ



講演




行政書士 新日本総合事務所



医療法人設立M&Aセンター



KSF株式会社設立 -

現役MBA講師&行政書士が教える儲かる会社を設立する方法




一般社団法人設立(課税型)支援センター



非営利(非課税)型一般社団法人設立支援センター



クイックパスポート申請代行センター



古物商許可申請書作成代行センター



軽貨物自動車運送業経営届出センター



軽貨物自動車運送会社設立支援センター



回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター



中古自動車販売会社設立開業センター



利用運送事業登録申請書作成センター



利用運送会社設立支援センター



一級建築士事務所登録申請書作成センター



二級建築士事務所登録申請書作成センター



人材紹介会社設立支援センター



人材紹介事業許可申請支援センター



人材派遣会社設立支援センター



人材派遣業許可申請支援センター



特定人材派遣会社設立支援センター



特定人材派遣業届出申請支援センター



ビジネスLIVE







以下、SNSやブログ

Google+



facebook




LinkedIn



mixi



世界一周



世界遺産



ワールド



クルマ




Formula 1



食べもの



ラーメン



コーヒー



モルトウィスキー



シネマ




音楽



ファッション



鉄道



IT



その他



総合バックアップ



総合バックアップ2








ぜひお見知り置きを!どうぞよろしくお願いします!


#守秘義務を伴う仕事のため、日記には仕事のことをあまり書かないようにしています。仕事面でご興味のある方は、個別にご連絡ください。感謝!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。