FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢頭宣男さんに学ぶ会~最終章~

いまや通販業界で知らぬ者はいなくなった、九州福岡の
「やずや」創業者、矢頭宣男さんに学ぶ会が開催されまし
た。

矢頭宣男さんに学ぶ会

この会は、故人を偲んで没後1年後から始まって今年で
10回め。私は3回目の参加だったのですが、10回とい
う区切りのよいところで最終回で、参加者としては名残り
惜しい素晴らしい会でしたが、諸事情あっての最後でした
ので、最後に相応しく大いに盛り上がりました。

会の内容は、一昨年、昨年と書いた内容とほぼ同様でした
ので割愛しますが、何よりもこの会が素晴らしかったのは、
多忙ななか世話人を買って取り仕切って下さった実行委員
の皆さまのお陰ではないでしょうか。

私は、昨日書いた学遊道の収録のため、実行委員のお一人
でもある石川元則先生にご一緒させていただき、一足早く
会場入り。開会まで時間があったので、会場受付でお手伝
いをさせていただきました。

すると、120人を超える参加者の方々が続々とお見えに
なるのですが、やはりこういった催事の受付の際にもその
人物の人柄が出るというもので、社会的地位が高いにも拘
らずぞんざいな態度を取る人や、反対ににこやかで丁寧な
素晴らしい人もいます。

なかでも一番素晴らしかったのは、福岡ニットの圓藤会長
です。圓藤会長はニコニコと微笑みながら会場にいらして、
お知り合いの方がいらっしゃると丁寧に応対しながら、ス
マートに受付を済まされました。

この間はたったの2~3分でしたが、その場の雰囲気が明
るくなり、もちろん圓藤会長を知っている受付側も忙中に
一筋の光が差したような感じを受けました。

この会に参加させていただいて、じつはいつも温度差のよ
うな違和感を感じていたのですが、それは会の名称である
「学ぶ会」を目的に来ている参加者と、名前は名前であっ
ても今でも矢頭宣男氏を「偲んで」開催している、主催者
の温度差だろうと思います。

その感じるか感じないかの紙一重だった絶妙な温度差を見
事に取り仕切り、10年もの長い間丁寧に綺麗にラッピン
グし続けたのが、実行委員長を勤められたオレンジライフ
の副島社長です。

故人と親しかった方も、私のように生前にご縁がなかった
にも拘らず田舎から押しかけた者にも、笑顔で明るく優し
く接してくださいました。

このような素晴らしい方々のご縁があっての10年間だっ
たというのが、この会の値打ちだったと思います。

矢頭宣男さんに学ぶ会

矢頭宣男さんに学ぶ会の値打ちといえば、会が終了したあ
とで、階下の喫茶店で開かれる内輪の打ち上げも毎年恒例。

実行委員の皆さまが奥のテーブルで疲れを癒されている間
に、手前側のこちらのテーブルでは近況報告を兼ねた小さ
な異業種交流会があって、お互いの事業の経営をアドバイ
スし合っていました。この秘密の集い(笑)もごく自然に発
生したもので、「あーでもない、こーでもない」が楽しく
いつも時間を忘れたものでした。

そういう、あれやこれやの思い出が詰まった会も今年で終
了です。参加者の方々は少なからず宝を持ち帰って、これ
から時々それを取り出して眺める時がやってくるでしょう。

これも人のご縁と感謝しております。

矢頭宣男さんに学ぶ会

スポンサーサイト

学遊道の収録

いつもお世話になっている福岡の師匠こと、経営コンサル
タントの石川元則先生が『学遊道』という経営者育成プロ
グラムを開発・発売されました。

学遊道

この学遊道は、日頃忙しくて勉強したくてもなかなか難し
い、あちこちに行きたくても物理的に難しい、という方々
の事情を考慮し、i-Podにセミナーの内容を収録して
通勤や移動の間でも、やる気さえあればビジネスのエッセ
ンスを学ぶことができるようにした学習ツールです。

この『学遊道』でコンテンツを提供されるのが、イエロー
ハット創業者の鍵山秀三郎氏、前横浜市長の中田宏氏、今
やTV-CMでおなじみになった「やずや」未来館の西野
博道氏、作家の黒瀬昇二郎氏、ラーメン一風堂の河原成美
氏等、錚々たる顔ぶれです。

上記の方々は、普段も講演活動等でお話をお聞きすること
はできますけれども、「物事を成す」という統一したテー
マであることや、講演を聞くために掛かる費用や労力、時
間を考慮すれば数百万から1000万円かかりますから、
それをi-Podでいつでもどこでも視聴できるというの
は、価格の10倍以上の値打ちがあります。

この錚々たる顔ぶれのなかに、石川元則先生のご人徳と親
心あって、私が「起業成功の基礎」というタイトルでコン
テンツを提供させていただくことになり、今日はその収録
で福岡に飛びます。

一頭最初に「『起業成功の基礎』を話せ」とお話をいただ
いたときには、一体何を話したらよいのか皆目見当がつか
ず、大変なお話をいただいたと思ったのですが、時間を掛
けてコンテンツの内容を考え、石川先生にもOKをいただ
きました。

せっかくの機会をいただいて、まして錚々たる偉大な先輩
方とご一緒させていただきますので、従来からの書籍やセ
ミナーにあるような「起業とは」や「経営とは」といった
内容ではなく、もう少し細かく分解して実例を盛り込み、
分かりやすい内容にしました。

起業というと、思いつきと思い込みで始めてしまって、後
になってから最初のイメージと違う、こんなはずではなかっ
たと思うことが多いのですが、そういったことで悩む人を
一人でも少なくして、元気ある日本を作るお役に立てれば
と思っています。

感謝!

チャンスの神様

かねてよりの念願は二つありました。セーフコフィールドで野球を
観ること。そのときはライトスタンドで観ること。

そういうことですから、2日間観戦したまず初日は何よりもライト
スタンドの座席を確保しました。エリア51です(笑)。

イチロー

イチロー選手は打順が1番ですから1回の裏の先頭打者であり、1
回表の攻撃が終了すると、かなり速いスピードで走ってベンチに戻
り、すぐ打席に立つ準備をして出てきました。

いえ、1回の表のヤンキースの攻撃の最中でも、ピッチャーが投球
するまではストレッチを繰り返して、身体を作っています。これは、
守備の最中は9回まで同じでした。

イチロー

打席に立ったイチロー選手は、ライトスタンドからは遠すぎて、様
子がよく分からないのですが、ヒットを打つ(=ヒットを作り出す)
ために、呼吸を整えたり、リズムに乗ったり、身体を動かしている
ように見えます。そして見事に出塁してみせる。

1回の攻撃で先頭打者が出塁するというのは、試合のペースを自チー
ムに持ってくる最高のムードメイクですね。それをかなりの高い確
率でやってのけてみせる。

イチロー

イチロー選手がヒットを打つと、セーフコ・フィールドのバックス
クリーンには「HIT MASHINE(安打製造機)」の表示が出て、スタジ
アムのなかは、やんややんやの大騒ぎになります。

しかし、現在のマリナーズは、いかんせんピッチャーが弱いのに加
えて、打線もなかなか繋がらず、守備も攻撃も効率がよいとはいえ
ない体たらくなのですが、そんな環境の中で自らの仕事はしてみせ
る。

あまりにも素晴らしくて、鳥肌が立ちます。

現地で試合を観ていると、ゲームの中に3つのレベルがあることを
実感します。

すなわち、

・メジャーリーグのなかでも一流のトップ・プレーヤー。
・いわゆる普通のメジャー・リーガー。
・明らかにワンランク低いレベルのプレーヤー。

イチロー選手はもちろん一番上。マリナーズのチームは・・・とい
う感じです。

こういう環境のなかで結果を出すというのは、精神的にはかなりタ
フなことだろうと思いますし、自分の仕事だけに集中するというの
はチームスポーツの野球では非常に難しいことだろうと思うのです
が、果たしてイチロー選手はどのように思っているのでしょう。

「打率4割」とか「安打製造機」とか、結果を評価して表現するこ
とを、よくアメリカではなされるし、プロスポーツだからそれが正
しいモノの見方であることは疑いの余地はありません。

でも、一人のプレーヤーが試合の最中に何を考え、何をしようとし
て、何を見て、何を行い、それらの結果何が残ったか、というのが
本当に残り、本当に次に繋がる結果というものだと思います。

ですから、イチロー選手が、現在の環境の中で、試合の最中に何を
考え、何をしようとして、何を見て、何を行い、それらの結果とし
て現在の安打数や打率がある。

決して、一人の仕事の数字だけではない一見無用に見える領域まで
仕事をしているのではないか、という風に感じました。

また、それはややもすると言葉に出してはいけない部分までを含む
仕事をしているからこそ、機会に対する準備を整えておくことが出
来る、ひょっとするとそういう一面もあるのかもしれない。

もしそうだとするなら、「安打製造機」という陳腐な表現で見るこ
とができるのは、イチロー選手の氷山の一角でしか過ぎないと思い
ます。

水面の上に見える氷山の下には、見えている氷山の数倍の塊が隠れ
ている。だからこそ、いつも見えている氷山にチャンスが訪れる、
そういうことを考えました。

イチロー

シアトル・セーフコフィールドにて。

感謝!

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

場所をシアトルに移してメジャーリーグです。やって参りましたの
は、我らがセーフコ・フィールド。

私は、何年も前からイチロー選手の勇姿を一度現地で観たいと思っ
ておりまして、ようやく念願が叶いました。感謝、感動です!

NYに居たときも野球を観たいと思ったのですけれど、調べてみた
らスタジアムがダウンタウンから離れていたのと、どのようにした
ら行かれるのかがよく分からなかったので、念のためパスして、全
てはこちらに賭けていたのです!

さて、シアトルのセーフコ・フィールドは、とても有難いことにダ
ウンタウンの縁にあって、市内からは路線バスで行かれる好ロケー
ション。しかも、このバスは日中は無料になっているので、行きは
タダで行けてしまいました。

バスを降りて、まず眼に飛び込んでくるのはアメフトのクエスト・
フィールド。向かって左側はAmtrakのユニオン・ステーションがあ
り、なんだか大宮のさいたま新都心そっくりです。

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

クエスト・フィールドの巨大さに圧倒されながら、その脇を通るス
トリートを進んでいくと、ポップコーンやらホットドッグを売る屋
台が出ていて盛り上がっています。

面白いのは、オフィシャル・プログラムを売るスタッフのすぐ脇で
チケットを売り買いする、いわゆるダフ屋がいっぱいいたのですが、
アメリカではダフ屋行為は規制されていないようです。

球場に近づいていくと、スタジアムの中から音楽が流れてきたり、
外でもパフォーマンスをみせるサックス・プレーヤーやドラマーが
いたりで、お祭り気分になってきました(笑)。

球場内にあるマリナーズ・グッズを販売するショップは、なんと2
階建になっていて、入口でチケットチェックを受けると買い物の後
には、そのまま自分の座席まで行かれる(一度外に出て再び入る必
要がない)ようになっています。

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

このあたりのアメリカのサービス精神には感心しましたね。

ぐるっと一回りして、エリア51の自分の席に着くと、すぐにスター
ティング・ラインナップのアナウンスと国歌斉唱があって、プレイ
ボール。

マリナーズのホームゲームなので、1回の表は目の前にイチロー選
手がやってきて、ちょっと感動します。

ヤンキースのDHは、こちらも我らが松井選手。この日は4打数0
安打だったので、翌日はスタメンから外されてしまったのは残念で
した。

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

私が観戦した2日間とも、1回裏の先頭打者はヒットを作り出して
出塁。続く2番もよい仕事をするのですが、現在のマリナーズは3
番から6番までが役者不足で、ヒットの数はヤンキースよりも多い
のに得点に結びつかないイニングが多く、両日ともヤンキースが勝
ちました。

帰りのタクシーのなかでは「えー? 今日もマリナーズ負けたの?
おい、今日で3タテ食らってるぜ」と運転手。

地元の球団が弱いと街も元気がなくなります。シアトルのためにも
マリナーズには頑張ってもらいたいところです。

マリナーズ VS ヤンキース@セーフコ・フィールド

アメリカ・シアトルにて。

感謝!

プリティ・ウーマン

カリフォルニアといえばロス・アンジェルス、LAといえばサンタ・
モニカというわけで、やって来ましたのはビーチですよビーチ。

サンタモニカsantamonica01

カリフォルニアのビーチというと、太陽が燦々と降り注ぐ白い砂浜。

サンタ・モニカ♪なんてというと、褐色の肌に亜麻色の髪で優しく
微笑む可愛い女性がいっぱい!という、とてもナンパなイメージが
あって、どうもそこらじゅうで健康的な出会いの場(笑)となってい
るようなイメージがありますけれど、じっさいに行ってみると家族
連れで賑わっている、ただの湘南は片瀬西海岸でございました(笑)。

サンタモニカ

そうなってくると、ビバリーヒルズやらロデオ・ドライヴやらのハ
イソでおシャレな名前の場所は、一体全体どうなっているのか?
と思ったりいたします。

ビバリーヒルズというのは地域の名前で、ビバリー通りとサンタモ
ニカ通りがクロスした西側のところは、いわゆるアメリカンな住宅
街。

う~ん確かにハイソだなぁと思うのは、一軒ごとにきちんと生垣が
あって、門柱の前に小さくて素敵なガーデンがあることでしょうか。

一方、ロデオ・ドライヴの方は、いわゆる高級ブランド通り。

ブルックス・ブラザーズから始まってブルガリまで続く通りには、
メルセデスやBMWがカローラのように走り、ポルシェやアストン
マーチンがそれこそメルセデスやBMWのように走って、挙句の果
てにはフェラーリだのマイバッハだのロールスだのが走り回ってい
る、ちょっと滅多にお目にかかれない珍しい場所でした。マイバッ
ハなんて初めて見ましたよ、私。



ふつう、こういう場所に出くわすと「おお~バブリーだねえ~」な
んて思うものですが、ちょっとここは様子が違います。なんだか皆
さん「当たり前」みたい。そうです。本当にお金持ちばかりが行っ
たり来たりするところなんです。

そうすると、外国からのこのこやって来た当方やら、その他外国人
やら何故かイタリア人やらは、まったくもってお門違いで、その不
釣合いな様相に自分自身で笑ってしまいました(笑)。

せっかくですから、少し真面目なことを書いておきますと、各ショッ
プで取り扱っている商品は、やはり北米西海岸仕様に最適化された
ものが並んでおり、ゼニアのデニムと見たときには我が目を疑いま
したね。

もちろん店舗の印象も非常に示唆に富んでおりまして、同じロロ・
ピアーナの店舗でも、ここロデオと本国のカプリではまったく違っ
たので感心しきり。

ロロ・ピアーナ

上がロデオ。下がカプリ。

ロロ・ピアーナ

こんなところで、プリティ・ウーマンの皆さまは夢のような世界に
招待されたら、人生バラ色でしょう。

ニュー・ヨークにいるとSATCはヴァーチャルだと分かるのです
が、LAにいるとプリティ・ウーマンはリアルだと分かります♪

LA・ロデオドライヴにて。

感謝!



プロフィール

mackinomata

Author:mackinomata
いつも各方面からウェブを見たとご連絡を頂戴しておりますが、

ネット上には様々な切り口で情報をアップしていますので、どれ

について仰っているのか分からなくなることがよくあります。



そこで、情報整理のためにサイト一覧を作って、ご案内申し上げ


ます。



公式サイト



公式ブログ



公式メルマガ



講演




行政書士 新日本総合事務所



医療法人設立M&Aセンター



KSF株式会社設立 -

現役MBA講師&行政書士が教える儲かる会社を設立する方法




一般社団法人設立(課税型)支援センター



非営利(非課税)型一般社団法人設立支援センター



クイックパスポート申請代行センター



古物商許可申請書作成代行センター



軽貨物自動車運送業経営届出センター



軽貨物自動車運送会社設立支援センター



回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター



中古自動車販売会社設立開業センター



利用運送事業登録申請書作成センター



利用運送会社設立支援センター



一級建築士事務所登録申請書作成センター



二級建築士事務所登録申請書作成センター



人材紹介会社設立支援センター



人材紹介事業許可申請支援センター



人材派遣会社設立支援センター



人材派遣業許可申請支援センター



特定人材派遣会社設立支援センター



特定人材派遣業届出申請支援センター



ビジネスLIVE







以下、SNSやブログ

Google+



facebook




LinkedIn



mixi



世界一周



世界遺産



ワールド



クルマ




Formula 1



食べもの



ラーメン



コーヒー



モルトウィスキー



シネマ




音楽



ファッション



鉄道



IT



その他



総合バックアップ



総合バックアップ2








ぜひお見知り置きを!どうぞよろしくお願いします!


#守秘義務を伴う仕事のため、日記には仕事のことをあまり書かないようにしています。仕事面でご興味のある方は、個別にご連絡ください。感謝!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。