スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山日本一

愛媛県松山市。もちろん愛媛県の県都で人口51万人。
なんと市制は明治22年で、今年は市制施行120周年記
念の年でもあります。

松山城
▲松山城

関東に在住していると、四国の4県はやはり別の島国の異
国という感覚をもっていて、なかなかご縁がありませんが、
考えてみればPONジュースは大好物だし、毎日朝食に食
べているかんきつ類といえば愛媛県だし、寅さんよろしく
「さぁ着いた」と駅を降りれば昭和の風情だしといった具
合で、出掛けていって覗いてみれば、じつはかなり親しみ
やすく素敵な街でした。

その素敵な雰囲気の大きな要素は、温暖な気候に豊かな海
の幸、日本最古の温泉に加えて、江戸時代から面々と続く
城下町の歴史(今でも当時の天守閣が現存)といった「余裕」
が滲み出ているからでしょう。

松山・道後温泉
▲道後温泉本館

街を少し歩いてみると、お城と行政の中心地、繁華街がそ
れぞれ接近しているため、道幅が広くて交通量に対して余
裕があり、加えて路面電車が走っているので、人>電車>
車の優先順位がしっかり確立されていてマナーもよく、観
光地の緩やかな時間が流れていて頗る快適です。

坊ちゃん列車
▲坊ちゃん列車

私が感じた雰囲気では、鹿児島市と札幌市を足したような
感じ。鹿児島市の「暖かさ」「城下町」「路面電車」と札
幌市の「湿度の低さ」「交通量」の、それぞれ良いところが
組み合わさったような街のイメージでした。

私も職業柄か、地方に出掛けると必ず繁華街も歩いてみる
のですが、松山の中心繁華街である銀天街は、やはり道幅が
広く、老若男女がそぞろ歩き、ZARAなどバラエティに
富んだ商店が並んで、こう言っては失礼ですが、地方都市
には珍しい「本当の繁華街」です。

松山・大街道
▲松山の繁華街・大街道

あまりの素晴らしさに感激してしまったので、細かい点を
観察すると、商店街は自転車の走行が禁止されており、警
官が要所で注意しています。また、自転車については駐車
も禁止されていて、こまめに撤去されるようです。

商店街を出ると、道行くクルマはみな可笑しな改造など一
切せず、全国で見られる大きなホイールに車高を下げ窓ガ
ラスにスモークを貼って爆音を撒き散らして走るような、
不良自動車を見かけることがまったくありませんでした。

加えて、咥えタバコで歩いている人も皆無。

松山の人々は品行方正で素晴らしいです。

matsuyama-kotobanochikara.jpg

この素晴らしさは何だろう?と一所懸命考えましたが、はっ
きりとした理由は分からず。ただ、ご当地の方とお話した
印象では、人々がみな素直な方のように感じました。

さて、マーケティングの分野で、新製品や新サービスをテ
ストしたいというニーズがあります。

このテストマーケティングでは、従来から平均的な日本人
像に対するテスト市場として、静岡県が選ばれてきました。

現在流通している多くのナショナル・ブランドの商品は、
静岡でテストされたものを多く含んでいるのではないかと
思われますが、現在のマーケティングに慣れた消費者には
小手先のテクニックで商品開発をしても、決して長続きし
ないつまらない商品しか出来上がってこないでしょう。

エコの時代に入り、事業にサステイナビリティが強く求め
られるマーケティング経営の時代には、渋谷やミナミで
マーケティングリサーチをしても、企業の資産になってく
れる事業戦略には繋がりにくい苦しさがあります。

もっと根本的に良い事業構造を作りたい、良質のイノベー
ションで楽しい仕事をしたい、そういうときのテスト市場
として松山を選んでみてはいかがでしょうか。

道後温泉本館
▲平民は道後温泉本館で殿様気分♪(笑)

感謝!
スポンサーサイト

theme : マーケティング
genre : ビジネス

サンスクリットの詩

       「今日をみつめなさい
 なぜなら、今日は命だから。命の中の命だから。
  その短い時間の中に、あなたという存在の
   すべての真実と現実が横たわっている
         成長の至福

         行為の栄光
      美の輝きが横たわっている。
    なぜなら、昨日は一つの夢にすぎず
   明日は一つのビジョンに過ぎないからだ。
しかし十分に生きられた今日はすべての昨日を幸福の夢にし、
     すべての明日を希望のビジョンにする。
      だから、今日をよく見つめなさい。」

「ザ・マスター・キー(チャールズ・F・ハアネル著)」より引用。


ザ・マスター・キー



感謝!

仁科神明宮

安曇野は大町に入ったところにあるのが仁科神明宮。
国宝で、知る人ぞ知る神社です。

仁科神明宮

仁科神明宮

過日のブログにも書いたとおり、私自身は信心が強い方で
はないのですが、「ご縁」は大切にしたいと考えておりま
して、正月の伊勢神宮に続いてお参りをいたしました。

参道を進んでいくと、人によっては霊気と表現されるのか、
ひんやりした空気が辺り一面を覆っていて、とても気持ち
よく清々しいです。

仁科神明宮

私のような教養も情緒も半人前の人間には、マイナスイオ
ンたっぷりというところ(笑)。

理由や感覚はなんであれ厳粛な気持ちになり、精神的にと
ても落ち着く有難いところです。

仁科神明宮

お参りですから願をかけましたが、振り返ってよく考える
と、宗教にせよ研究にせよ、微入り細に亘ってしっかりと
したイメージを構築することが結果になって表れるのです
から、その時だけお祈りしても効果は小さく、いつもいつ
も日常から「願」を持っていることが大切なのですね。

感謝!

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

西チベット大紀行

あつぎ異業種交流会の6周年記念講演会が開催されまして、
大阪・堺から前垣内勘左ヱ門さんが講演のためにわざわざ
飛行機に乗ってやって来てくださいました。


前垣内さんはステンレス専門の鋳物業の経営者であり"勘左
ヱ門"というのは、堺の鉄砲鍛冶の18代目を意味します。

そんな歴史と伝統あるモノ作りの現場とマネジメントの創
意工夫のあれこれを2時間にわたってお話いただきました。

今回の講師の先生は、いわゆる経営コンサルタントとか、
講演を業としている方ではなく、毎日企業の現場で経営を
なさっている方ですから、「べしゃり」は決して上手と評
される種類のものではありません。しかしながら、だから
こそ伝わる真実味、現場の緊迫感、従業員と一体となって
仕事をする楽しさといったものが活き活きと伝わってきて、
一同とても楽しく役に立つお話を聞くことができました。

このことは、講演の最後にお願いしたアンケートでも、ほ
とんど全員が同じ趣旨のことを挙げてくださったところか
らでも伝わってきました。企画者冥利に尽き、こんなに嬉
しいことはありません。ありがたいことでした。

さて、前垣内さんのもうひとつの側面はチベット旅行(笑)。
お話を伺ったら、酒が取り持つ人の縁で40日間も男6人
でチベットを旅行されたとのこと。

その旅行での出来事や美しい写真がたっぷり楽しめる書籍
が今日の標題。前垣内さんの生き様からは「生きる営み」を
しっかりと学ぶことができてお勧めです。


西チベット大紀行

私は、ホテルにお迎えに行ったときから、いろいろなこぼ
れ話を聞かせてもらえて感動的。ちょっと行ってみたい、
なんて舌を滑らせたら、本当にでかけることになってしま
いそうで恐ろしい夜でもありました(笑)。

次回は、こちらから堺にお邪魔して、鉄砲鍛冶や鋳物工場
の”熱い空気”を体験して来たいと意気投合いたしました!

感謝!

theme : 毎度お馴染みのm中国ネタ
genre : 海外情報

自分で家を建てよう!

私の高校生のときの後輩と久しぶりに電話で話したら、な
んと「いま自分で家を建てている」と珍しいことをいうの
で、ビックリ!

仔細を聞くと、なんでも山の製材所から原木を買ってきて、
皮を剥くところから一人でやっているというので、二度驚
きました。

何を隠そう、私もいつか自分自身で家を建てたいなどとい
う、壮大な(無茶な?)夢のようなものをもっているのです
けれど、自分の身近な素人が本当に自分でやっていると聞
き、これは一度見せて貰わなければと思って出掛けてきま
した。

すると、家の前にある田んぼを一枚作付けをしないことに
して原木を並べ、そこで皮をむいてから井形に組むために
機械加工、クレーンを使って自分で組み上げている、とい
うのです!

ログハウス建築

自分で建てるといっても、とにかく素人ですから、建築士
さんに依頼して図面を引いて建築確認をとってもらい、基
礎だけは大工さんにお願いしたとのこと。

丸太を加工して組むところは、すべて一人の頭のなかで進
んでいるので、他人には任せたくても任せられないそうで
す。

それはそうでしょう。なにしろ、規格モノの木材を組むの
とは難易度のレベルがまったく違います。それを素人がやっ
ているのです。まったく恐れ入りました。

ログハウス建築

彼の本業は自動車屋なので、クルマをレストアするのと同
じような感じ(頭の使い方)だね?と聞いたら、そうそう!
と話してくれました。

もしそうなら、ひょっとすると私にもチャンスがあるかも
しれません!(笑)

感謝!




はまっ子どうし

今年、横浜市は開港150周年。記念イベントの開港博が
開催されていて盛り上がっています。

昨今のマスコミ報道をみると、ほぼ連日のように何らかの
関連情報が放送されていて、その大規模なパブリシティに
驚いています。

そんな派手な情報の洪水の元で、ご当地横浜市内のコンビ
ニで販売されているのが、「はまっ子どうし」というミネ
ラル・ウォーター。

はまっ子どうし

横浜市の水道水は、お隣り山梨県は道志村で取水されてお
り、その歴史は明治30年からだそうですから110年以
上。

今回の開国博に合わせて、横浜の水道水のオリジンを広く
知ってもらおうという素晴らしい試みです。

道志村は私もドライブに出掛けるいわば庭なので、とても
身近に感じ、こうした試みを嬉しく思います。

一見地味ですが、こうした足元のしっかりした企画は粋で
素敵ですね。


感謝!



大ボラの効用?

今年のエイプリル・フールに大法螺と称して政策提言のよ
うなものを書いたのですが、その後の報道をみていると、
いくつもの項目が実現しそうになってきて驚いています。

おかげさまで、このブログには国会の両院やシンクタンク、
各地方自治体、経営コンサルなどからのアクセスをいた
だいておりますので、あながち可能性がない訳ではない
と思っていましたが。それにしても(笑)

さて、その大法螺とは、以下の通り。

●経済対策
1.大規模減税
2.個人の所得税率の引き下げ
3.消費税率の引き上げ
4.終身雇用制の禁止

●食料対策
1.新農地改革
2.農協改革

●間接部門効率化
1.道州制の導入
2.出先機関、関連法人民営化
3.行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士各制度の廃止
4.保育園制度と幼稚園制度の統合
5.美容業と理容業の統合。

●教育対策
1.高等学校まで義務教育化。道徳科目の復活。外国語は
二言語導入。
2.大学受験における理系、文系の分類廃止
3.教員は30歳から採用

●政治対策
1.公職選挙法改正:各議会議員の定数削減。

●防衛対策
1.戦争を完全に放棄するのか、専守防衛の戦闘は認める
のか、5年以内に憲法の規定を明文化
2.金融業の強化やエネルギー資源の確保、先端分野への
重点投資など、国家戦略を明確に策定。
3.専守防衛の戦闘は認めるとき、モノ作りの強化と研究
開発分野への重点投資など、国家戦略を明確に策定。

・・・ざっと、こんなところなのですが、上記のうちこれまで

●経済対策
1.法人税減税
3.消費税率の引き上げ

●食料対策
1.農地法改正

●間接部門効率化
(1.道州制の導入)
4.保育園制度と幼稚園制度の統合

●政治対策
1.国会議員の定数削減。一院制

これらが新聞等で報道されるようになりました。

私が考えた施策というのは、日本の国際的地位のさらなる
向上と生産性向上によるGDPの増大で、そのための障害を
取り除こうというものですが、経済的な制度については検
討しやすいのでしょう。それにしても、可也の精度と数の
多さに驚いています。

今後の社会の変化を想像するとき、ますます人とモノの国
際化が進みますから、より一層の暮らしやすく働きやすい
社会制度が望まれると思います。

そのためには、投票価値の平等の問題に踏み込むとか、国
防をどのように実現して生命と安全を保障するのかなどの
基本理念に直結する部分にも、果敢に取組んでいただくこ
とを希望したいと思います。

感謝!

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

私の友人がアルバムを出します(明日発売)

友達のDJ Remo-conが、アルバムをリリースすることにな
りました。明日発売です!

タイトルは『a life with remote controllers』

何を隠そう、彼は高校のときの同級生で、同じバンドをやっ
ていた友人です(彼はキーボード、僕はドラムでした、笑)。

あらためて考えると、本当に凄いです。なにしろワールド
ワイドのメジャーミュージシャンです。

彼は、日本よりも海外の方が有名で、ツアーであちこち外
国に出掛けるそうですが、日本でも渋谷のクラブシーンで
は有名な存在。

渋谷を歩いていると、声を掛けられることも少なくないと
聞いて驚きました。

今日6月2日の深夜25時には、FM横浜にゲスト出演。

リリース後の6月7日から全国ツアーをやるとのこと。そ
れまでにアルバムを買ってCDの帯を会場に持っていくと、
リリース・パーティーに1000円で入れる特典付きとのこと
ですから、ぜひ先に買っておきたいですね。

私も日本にいるうちにぜひ一度行きたいと思っています。

感謝!

theme : お気に入りアーティスト
genre : 音楽

あつぎ異業種交流会6周年記念講演会【前垣内勘左ヱ門(まえがいと・かんざえもん)氏】『大入り・分け前・ニアピン賞~3Kの町工場で楽しむ方法~』

毎月開催している「あつぎ異業種交流会」が、おかげさま
で今月で6周年を迎えることになりました。

そこで、毎日お仕事を頑張っている方や経営者、管理職の
方々を対象に、ビジネスに役立つ講演会を開催することに
なりました(厚木市・厚木商工会議所後援)。

今回、講演の講師を務めて下さるのは、大阪・堺でステン
レス専門の鋳物業を営む前垣内勘左ヱ門(まえがいと・かん
ざえもん)さん。

前垣内氏の経営する成和製造所では、前月分の大入りとニ
アピン賞というユニークなものを配っています。

毎月の決算で経常利益がある線を越えると「大入り」とし
て儲けが配分され、その金額を社員・パートさんを含む
全員で当てっこをする。それが「ニアピン賞」。

この当てっこで会社全体が盛り上がるのだそうです!

この会社は鋳物屋で、キツイ・キタナイ(汚い)・キケン(危
険)・アツイ(熱い)の3K+1Aであり、全員がそれに耐え
て働く。その働きにすこしでも報いたい、という創業者の
発想に原点がありました。

その社内の不満をうまく活力に転換させ、ガラス張りの経
営で全社一丸で毎月業績向上中というのだから、人材や資
源に限りのある中小企業にとっては、百聞は一見にしかずで
聞いておいて損はない話。

「ボーナス(分け前)というもの、厄介なものでんな。毎年
盆と暮れに出さなければならん。それも、儲けていても、
儲け切れないときでも出さなければなりませんなぁ。
どうも、、、経営者側にも社員側にも、どうも不満というか、
不公平というか、もやもやした気持ちが残りまんなぁ」と
前垣内さんは関西弁で話す。

ふつう「上手くいっている経営者の話を聞いて勉強しましょ
う」というと、どんな風に考えて、どんな工夫をして仕事を
しているのだろう?と考えますね。

でも、今回の講演会では、特に私が講師を務めた5月定例
会のマーケティングの話を聞いていただいた方には、別の
視点からも併せて聞いていただきたいと思っています。

それは、「何をやらないか決めること」です。

戦後の日本の右肩上がりを経験した人の多くは、不景気の
時期は「耐えてガマンすれば、いつかまた良い時期が来る」
とどこかで思っています。

周囲の環境をみても、多くの中小企業が不景気をひたすら
耐えているのが診て取れますね。

でも現在の日本は、すでに右肩上がりの時代が終わり、人
口縮小社会(=市場縮小)に向かっていることは明白です。

こういうときの不況時に、「ひたすら耐える」のは「淘汰
されるのを待つのと同義」です。

だから、不景気のときこそ積極的に動いて、次の時代への
準備をすることが非常に大切になります。

この積極的に動くときに、「間違った取り組みをして競争
力を失ってしまう愚を避けてください」というのが今回の
テーマです。

このテーマに従って、5月には「やるべきこと」を学んで
いただき、6月には「やるべきでないこと」を学んでいた
だきたいのです。

上手くいっている経営者の話を聞く、ということは、裏返
して聞くと「やらないことは何か」を選択しているという
ことです。

ご参加いただく皆さまには、ぜひそのポイントを聞いて強
くなっていただきたいと考えています。

繰り返しになりますが、5月のミニ講演と6月の講演会は
セットで考えて、

5月参加 + 6月不参加 ⇒ やるべきこと(だけ)を学べる
5月不参加 + 6月参加 ⇒ 上手くいった工夫(だけ)を学べる
5月参加 + 6月参加 ⇒ やるべきことと、やるべきでない
こと(=ビジネス、経営)を学べる

という風に、視点を切り替えてお考えいただくと、本来の
異業種交流会の付加価値を120%享受していただけて、
きっとご満足いただけるものと思います。

売上をUPさせたい方、今いる人材で勝負したい方、社員
のチーム全員で喜びたい方など、仕事を楽しく充実したも
のにしたいと考えている方には、ぜひともおすすめです。

当日は、前垣内さんご本人から、現場であった”あれや
これや”を直接ご披露いただき、業績向上の秘密を学び尽く
して、明日から業績を向上させましょう!

ご参加お待ちしております。


■講演会概要

日時:2009年6月16日(火曜日) 19:00~21:00(受付18:30~)
場所:厚木商工会議所5Fホール(小田急線本厚木駅北口から徒歩6分、厚木市栄町1-16-15)
地図:http://www.atsugicci.or.jp/image/map.gif
ヤフーマップ:http://map.yahoo.co.jp/print?lat=35%2F26%2F24.563&lon=139%2F21%2F45.768&layer=1&sc=3&ac=14212&p=%B8%FC%CC%DA%BB%D4%B1%C9%C4%AE1-16-15&mode=map&size=s&pointer=on
参加費:3,000円(お一人様・税込み)ただし、お二人目以降はお一人1000円。
(2名だと4000円、3名だと5000円、4名だと6000円~です)。仕事仲間、友人、
知人をお誘いの上ぜひご参加ください!

お申込み:あつぎ異業種交流会HP( http://atsugi.gooside.com/maegaito.html )からどうぞ。

感謝!

theme : ビジネス
genre : ビジネス

プロフィール

mackinomata

Author:mackinomata
いつも各方面からウェブを見たとご連絡を頂戴しておりますが、

ネット上には様々な切り口で情報をアップしていますので、どれ

について仰っているのか分からなくなることがよくあります。



そこで、情報整理のためにサイト一覧を作って、ご案内申し上げ


ます。



公式サイト



公式ブログ



公式メルマガ



講演




行政書士 新日本総合事務所



医療法人設立M&Aセンター



KSF株式会社設立 -

現役MBA講師&行政書士が教える儲かる会社を設立する方法




一般社団法人設立(課税型)支援センター



非営利(非課税)型一般社団法人設立支援センター



クイックパスポート申請代行センター



古物商許可申請書作成代行センター



軽貨物自動車運送業経営届出センター



軽貨物自動車運送会社設立支援センター



回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター



中古自動車販売会社設立開業センター



利用運送事業登録申請書作成センター



利用運送会社設立支援センター



一級建築士事務所登録申請書作成センター



二級建築士事務所登録申請書作成センター



人材紹介会社設立支援センター



人材紹介事業許可申請支援センター



人材派遣会社設立支援センター



人材派遣業許可申請支援センター



特定人材派遣会社設立支援センター



特定人材派遣業届出申請支援センター



ビジネスLIVE







以下、SNSやブログ

Google+



facebook




LinkedIn



mixi



世界一周



世界遺産



ワールド



クルマ




Formula 1



食べもの



ラーメン



コーヒー



モルトウィスキー



シネマ




音楽



ファッション



鉄道



IT



その他



総合バックアップ



総合バックアップ2








ぜひお見知り置きを!どうぞよろしくお願いします!


#守秘義務を伴う仕事のため、日記には仕事のことをあまり書かないようにしています。仕事面でご興味のある方は、個別にご連絡ください。感謝!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。